かえっこバザール開催予定

2016年度の「かえっこバザール」開催予定

△詳しい情報はこちらb008759820060428103007

フードドライブのテスト実施を行います。

●お知らせ

 毎年恒例となっている「いしかわ環境フェア」へのかえっこバザール出展を今年は行いませんのでご了承ください。今年の「いしかわ環境フェア2017」8/19(土)20(日)石川県産業展示館4号館では、金沢エコライフくらぶは、ご家庭の余剰食品を持参・寄付していただくフードドライブの実験を行います。対象食品(賞味期限1か月以上を残す常温食品。例:缶詰、レトルト、瓶詰、乾物、など)。寄付いただいた食品は社会福祉協議会を通じて県内の児童福祉施設、こども食堂などに提供します。

合わせて食品ロスのアンケートを実施し、家庭で使いきれない食材や調味料を使い切るレシピ集の編集発行を予定しています。

この事業は平成29年度の金沢市「協働のまちづくりチャレンジ事業」に採択されて実施するものです。

とむろエコ教室

とむろエコ教室チラシ17.7.30夏休みの宿題に!とむろエコ教室17.7.30

かえっこバザール開催予定 (石川県・金沢市周辺)

かえっこバザール

b008759820060428103007

KBmsg

 

 

【対象】 子ども、子どもの心を持った大人

【参加料】 無料

【持ってくるもの】 遊ばなくなったおもちゃ

 

★「かえっこバザール」開催予定 石川県・金沢市周辺

※主催の他、当会からおもちゃ・資機材のレンタルをして実施する「かえっこバザール」の開催情報を順次掲載します。  

●「イザ!カエルキャラバンin 北陸学院」「 北陸学院大学 国際交流研修センター

  2017年 7月 6日(日)13:00~15:00

 金沢市三小牛町イ11番地 Tel 076-280-3850

北陸学院大学イザ!カエルキャラバン!17.7.9 

 

●お知らせ

 毎年恒例となっている「いしかわ環境フェア」へのかえっこバザール出展を今年は行いませんのでご了承ください。今年の「いしかわ環境フェア2017」8/19(土)20(日)石川県産業展示館4号館では、金沢エコライフくらぶは、ご家庭の余剰食品を持参・寄付していただくフードドライブの実験を行います。対象食品(賞味期限1か月以上を残す常温食品。例:缶詰、レトルト、瓶詰、乾物、など)。寄付いただいた食品は社会福祉協議会を通じて県内の児童福祉施設、こども食堂などに提供します。

 

●「とむろひろば」

  2017年 9月 10日(日)12:30~15:00

 金沢市戸室新保ハ604 Tel 076-236-1600

山側環状イオン杜の里から車で約7分。金沢大学を抜けて戸室スポーツ広場の奥。

 

★かえっこを楽しんでいただいているみなさまへ【お願い】 

 毎回たくさんのファミリーにご参加いただき、ありがとうございます。戸室リサイクルプラザでは開催時間を短縮したため長蛇の列となり、ご迷惑をおかけしています。バンク(受付)を増設して対応していますが、皆さんが持参されるおもちゃの量がとても多く時間がかかってしまいます。リサイクルプラザに提供いただいている倉庫のスペースにも限りがあり、収容しきれないほどのおもちゃが持ち込まれている状態です。

 お持ちいただくおもちゃを以下のようにさせていただきたく、ご協力のほどお願いいたします。ご家庭でお子さんと話し合っておもちゃを選んでから持参してください。

1.1家族で持参されるおもちゃは50品までとさせていただきます。(新規)

2.ほかのお友達がほしいと思えるおもちゃを持ってきてください。

3.電動おもちゃは乾電池を入れ替えて動作確認をお願いします。それでも動かない電動おもちゃは金沢市 では小型家電として資源回収できますので電池を抜いてリサイクルしてください。

4.次のものはあらかじめ外して持参してください。

飲食店等でもらう景品のおもちゃ・ストラップ、企業名や商品名が入ったノベルティグッズ、汚れのついたぬいぐるみ、雑誌、学習雑誌の教材・CD、トレーディングカード、揃っていないパズル、壊れやすいガラス・陶器・水の入っている物

5.以前のかえっこで持ち帰ったおもちゃは、ご自身で処分をお願いします。

6.おもちゃを持ち帰るマイバッグを持参してください。

これからも、物を大切にするエコの気持ちを育む「かえっこ」の運営を心がけていく所存です。

皆様からの声で、より良い「かえっこ」に進化させていきたいと思いますので、積極的なご意見・ご提案をお寄せください。

「かえっこ」は本来は子どもが主役のイベントです。子どもスタッフ、大人スタッフにもご参加いただきご一緒に楽しい「かえっこ」にしていきましょう。

 

 

「体験型出前講座リスト」を更新しました

『梅干し作り&梅づくし』失敗しない梅干しの漬け方

『梅干しづくり&梅づくし』失敗しない梅干しの漬け方2016年版s-IMG_0938ができました。写真は金沢市戸室リサイクルプラザで実施した「とむろエコ教室 親子で手作り梅干し」のようすです。パパやママとお子さん、おばあちゃんとお孫さんなど14組のファミリー38名が参加して楽しく梅の漬け込みをしました。梅干しづくりは小さな子どもにもできる梅仕事がたくさんあります。写真のお子さんは真剣に梅のおへそ(へた)を竹串で取ってるところです。レシピは下記をダウンロードしてご覧ください。

s-梅干しづくり冊子画像

 

 

 

’16梅干づくり&梅づくしレシピ集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもたちが考えた金沢版減災トイレ

 昨年、金沢市内の小学校や大桑防災拠点広場でこども達が作った災害用簡易トイレ。こども達は身近な材料を使って、お年寄りや小さな子にも使いやすいトイレのカタチを工夫しました。こども達のアイデアを抽出して2つの「こども達が考えた金沢版減災トイレ」のレシピにまとめました。s-DSC_0570

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢版減災手作りトイレA

s-DSC_0580

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢版減災手作りトイレB

*この事業は金沢市危機管理課の委託を受けて、金沢エコライフくらぶと北陸学院大学よりそいの花プロジェクトが協働で企画運営しています。

 

 

 

 

『もったいないじぃ~典』第2版が完成しました。

20150424174440_00001「資源ごみに出すペットボトルはなぜ潰さなくちゃいけないの?」「びんを色別に分けるのはなぜ?」「容器包装プラスチックはどこまできれいに洗えばいいの?」など、市民が誰しも抱くギモンに答え、3Rをわかりやすく解説した『もったいないじぃ~典』を4年ぶりにリニューアルしました。

 

 

 

 

   ・印刷用【PDF:3.75MB】

 

「金沢産ダンボールコンポストの素で ごみダイエット」パンフレット第3版が完成!

生ごみ堆肥化のパンフレット第3版ができました。 金沢市との協働で進めてきた地産地消コンポスト基材「金沢産ダンボールコンポストの素」で生ごみの堆肥化に取り組んだ方々からお聞きした失敗談やお悩みの解決策を盛り込んで、初めての人にもわかりやすく編集しました。

s-20141222192229_00001

s-20141222192249_00001

s-20141222192308_00001

 

 

 

 

 

 

・印刷用【PDF:638KB】