くらぶの紹介

●お知らせ

 毎年恒例となっている「いしかわ環境フェア」へのかえっこバザール出展を今年は行いませんのでご了承ください。今年の「いしかわ環境フェア2017」8/19(土)20(日)石川県産業展示館4号館では、金沢エコライフくらぶは、ご家庭の余剰食品を持参・寄付していただくフードドライブの実験を行います。対象食品(賞味期限1か月以上を残す常温食品。例:缶詰、レトルト、瓶詰、乾物、など)。寄付いただいた食品は社会福祉協議会を通じて県内の児童福祉施設、こども食堂などに提供します。

合わせて食品ロスのアンケートを実施し、家庭で使いきれない食材や調味料を使い切るレシピ集の編集発行を予定しています。

この事業は平成29年度の金沢市「協働のまちづくりチャレンジ事業」に採択されて実施するものです。

とむろエコ教室チラシ17.7.30夏休みの宿題に!とむろエコ教室17.7.30

『梅干しづくり&梅づくし』失敗しない梅干しの漬け方2016年版s-IMG_0938ができました。写真は金沢市戸室リサイクルプラザで実施した「とむろエコ教室 親子で手作り梅干し」のようすです。パパやママとお子さん、おばあちゃんとお孫さんなど14組のファミリー38名が参加して楽しく梅の漬け込みをしました。梅干しづくりは小さな子どもにもできる梅仕事がたくさんあります。写真のお子さんは真剣に梅のおへそ(へた)を竹串で取ってるところです。レシピは下記をダウンロードしてご覧ください。

s-梅干しづくり冊子画像

 

 

 

’16梅干づくり&梅づくしレシピ集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150424174440_00001「資源ごみに出すペットボトルはなぜ潰さなくちゃいけないの?」「びんを色別に分けるのはなぜ?」「容器包装プラスチックはどこまできれいに洗えばいいの?」など、市民が誰しも抱くギモンに答え、3Rをわかりやすく解説した『もったいないじぃ~典』を4年ぶりにリニューアルしました。

 

 

 

 

   ・印刷用【PDF:3.75MB】

 

生ごみ堆肥化のパンフレット第3版ができました。 金沢市との協働で進めてきた地産地消コンポスト基材「金沢産ダンボールコンポストの素」で生ごみの堆肥化に取り組んだ方々からお聞きした失敗談やお悩みの解決策を盛り込んで、初めての人にもわかりやすく編集しました。

s-20141222192229_00001

s-20141222192249_00001

s-20141222192308_00001

 

 

 

 

 

 

・印刷用【PDF:638KB】

おもちゃの交換市「かえっこバザール」の魅力を活用した、子どものための防災訓練プログラム、「イザ!カエルキャラバン!」講習会を金沢で初めて開催しました。この事業は、金沢市協働チャレンジ事業にさいたくされ、金沢市の担当課(危機管理課)との協働で実施しています。 開催日時:2012年9月9日(日) 13:00~16:00 開催場所:金沢市教育プラザ富樫 1号館131研修室 (金沢市富樫3-10-1) 講  師:永田宏和氏(NPO法人プラス・アーツ理事長) 主  催:金沢エコライフくらぶ、金沢市危機管理課 「イザ!カエルキャラバン!」の生みの親のひとりである講師の永田氏に、実演もまじえ、その魅力についてお話しいただきました。阪神淡路大震災10周年に際して記憶を風化させないためにと兵庫県、神戸市から依頼された経緯、被災者170人からの聞き取りをベースにプログラムを考案したことなど、私たちが「イザ!カエルキャラバン!」を実施していく時に大切にしなくてはならない考え方や基本姿勢をお聞きすることができました。  

2012年8月10日(金)の午後7時から約2時間、アーツ千代田3331(東京都)で開催された「イザ!カエルキャラバン!」の研修会に参加してきました。 これは、金沢市(危機管理課)との協働事業=「金沢キズナ防災・かえっこ」スタート事業を展開する上で必要な「イザ!カエルキャラバン!」のノウハウを得るために参加したものです。 講師はNPO法人プラス・アーツ理事長の永田宏和さんで、実演をまじえ、防災体験プログラムをわかりやすく説明してくれました。 防災体験プログラムは18種類あって、水消火器で的あてゲームとか、毛布で担架タイムトライアルとか、プログラム名を聞いただけで「楽しみながら防災の知恵や技が学べる」ワークショップであることがわかります。さらに、プログラムに参加すれば相当(?)の「カエルポイント」がもらえ、同時開催のかえっこバザールで欲しいおもちゃが手に入るのです。 「金沢キズナ防災・かえっこ」スタート事業でどの防災体験プログラムを実施するのかは、これから検討することになりますが、10月7日(日)金沢市民芸術村で開催される「児童館フェスティバル」と併催して、皆さんに体験していただく予定です。かえっこバザールや防災教育に関心のある方で、準備や当日運営をお手伝いいただけるスタッフを募っています。関心のある方は当くらぶまでお問い合わせください。Eメールでも結構です。   またアーツ千代田3331(東京都)では、かえっこバザールの発案者である藤浩志さんの美術展が開催されています。入り口では、写真のトイザウルスが出迎えてくれます。M社のおもちゃで恐竜とは、何か強いメッセージを感じるのは私だけでしょうか。9月9日(日)まで開催されています。(by いっちゃん)                    

 今年度は、金沢市危機管理課と協働で「金沢キズナ防災かえっこスタート事業を展開することになりました。 「かえっこ」の魅力を活用した防災体験プログラムイザ!カエルキャラバン」を金沢市の絆防災教育に取り入れるためのモデル実施を行います。公開プレゼンテーションのスライドで、事業概要をご笑覧ください。  
コープいしかわのボランティアバスに同行して、陸前高田・広田地区の仮設住宅に行ってきました。  
子ども達と市民に対して環境にやさしいくらし方を提案する事業を行い、ずっとめぐる(持続可能な資源循環する)地球を未来の子ども達に手渡すため、手づくりやワークショップなどの体験型環境教育をひろめる活動を進めています。金沢エコライフくらぶの沿革と活動内容について、朝日新聞石川版でご紹介いただきました。